2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2012年11月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

3/31(日)春季OP戦結果B

H25.3.26 春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 筑波大学(首都大学野球リーグ1部)

                           計

関学大  0 0 0 0 1 0 0 0 0    1

筑波大  0 2 0 5 3 1 0 2 x     13

関学大: 若島・斎藤・堀越・佐藤- 阿部

筑波大: 人見・久保・大関 - 佐々木

<二>佐々木(筑)

<三>大澤(筑)黒岩(筑)

<本>服部(筑)

<記事>

2回裏 筑波7番服部びレフトへのソロホームランを7放ち、先制を許す。また8番佐々木のツーベースヒットから、関学のエラー

     が重なり、この回2点を先取される。

4回裏 先発若島が筑波だ全につかまり、連打・エラー・四球等でこの回5点を追加される。

     また、5,6,8回にも関東学園にも関学投手陣が打ち込まれ、計11店のリードを許す。

     対する関東学園は6回裏に中島・諏訪伊藤の連打で2点を返すも反撃はそこまでだった。

2013年3月27日 (水)

3/26(火)春季OP戦結果 B

H25.3.26 春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 大東文化大学(首都大学野球リーグ1部)

                           計

大東大  0 0 0 1 0 1 0 0 0    1

関学大  0 1 0 0 0 1 0 0 X     2

関学大: 佐藤・山口・若島- 阿部

大東大: 森・長谷川・成田・川上・小竹・山谷 - 桑原・萩原・松本

<二>

<三>相澤(関)

<本>

<記事>

1回の表、関学大先発佐藤は制球が定まらず、連続四球で無死1・2塁としてしまう。大東大はすかさずダブルスチールを決め、無死2・3塁とするが後続が倒れ無得点に終わる。

2回の裏、5番相澤が相手遊撃手の失策で出塁し、6番阿部も右前打でつなぎ、7番高城が送りバントを決め2・3塁のチャンスを作る。続く8番中村への初球、相手バッテリーエラーで相澤が生還し1点を先取する。

4回の表、大東大、この回先頭の6番海野が中前打で出塁し、失策や足をからめた攻撃でチャンスを作り、9番桑原の遊ゴロの間に3塁ランナーが生還し、同点。

6回の裏、関学大先頭の5番相澤が右翼への3塁打で出塁し、7番高城がライトへの犠飛を放ち決勝点とした。

3/24(日)春季OP戦結果 A

H25.3.24  春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 全足利クラブ(社会人チーム)

                           計

全足利  1 0 0 2 0 0 0 2 1    6

関学大  0 0 0 0 0 0 0 0 0    0

関学大: 坂本・佐川・氏田 - 宮崎

全足利: 庭月野・黒沼 - 茂木

<二>増淵(全)

<三>

<本>

<記事>

1回の表、全足利クラブ1番金田が中前打で出塁、2番高橋が送り、4番一澤のタイムリー中前打で先制を許す。

3回の裏、2死から2番市村、3番谷口の連打で2死1・2塁とするも、後続が続かず無得点に終わる。

4回の表、全足利クラブ3番新藤、4番一澤の2連打で無死1・2塁とし、5番熊田の送りバントでチャンスを広げる。続く6番服部のタイムリー左前打で2者が生還し追加点を許す。

8回の表、この回から関学大佐川がリリーフで登板するも、相手打線の流れを止めることができず、ダメ押しとなる2点を奪われ、試合を決められてしまった。

3/23(土)春季OP戦結果 B

H25.3.23  春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 高崎経済大学(関甲新3部)

                          計

高経大  0 1 0 1 0 1 0 0 0    3

関学大  0 1 0 1 0 1 5 1 Ⅹ    9

関学大: 若島 - 阿部

高経大: 奥島・稲川・高田 - 岡

<二>山井(関)岡(高)

<三>井出(関)

<本>

<記事>

4回の表、高経大4番岡が関学の守備の連携ミスを誘い出塁、5番小池は手堅く送りバントを決め、6番須田、7番高田と連打で1点を先取される。

4回の裏、この回先頭の関学大4番山井の右中間を破る2塁打でチャンスを作り、5番内原の送りバント、6番中島のライト前へのタイムリーヒットで同点とする。

7回の裏、この回先頭の関学大9番中尾がセンター前ヒットで出塁、四死球や送りバント、相手のミス等も重なり、この回一挙5点を奪う。

8回の裏、相手の失策から出塁した関学大9番中尾は果敢に盗塁を決めチャンスを広げる。続く2番中村はライト前へのタイムリーヒットを放ちダメ押しとなる1点を追加し試合を決定付けた。

関学大の先発若島は、打たれながらも最小失点で抑える好投を見せ完投した。

打撃陣も、個々の役割をしっかり果たし、ここぞという場面で打てていた。

3/21(木)春季OP戦結果 A

H25.3.21  春季OP戦

場所:太田市運動公園野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 玉川大学(首都大学野球連盟2部)

                          計

玉川大  0 0 0 3 1 0 0 0 0    4

関学大  5 1 0 1 0 0 2 1 Ⅹ  10

関学大: 山口・羽倉・佐藤・渡邉 - 森田・堀井

玉川大: 青木・米田・ - 石井・小川

<二>

<三>猪熊(関)田中(関)

<本>

<記事>

1回の裏、関学大1番猪熊の左中間を破る3塁打でチャンスを作り、相手投手の押し出し四球や、8番庄司のタイムリーヒット等で、5点を先取する。

4回の表、玉川大2番君塚がセンター前で出塁、5番丸山、6番辻、7番横塚の連続安打で3点を返される。

8回の裏、関学大6番田中の左中間フェンス直撃の特大3塁打でチャンスを作り、7番菅野のセンターへのタイムリーヒットで1点を追加し、ダメ押しとした。

2013年3月26日 (火)

3/19(火)春季OP戦結果 B

H25.3.19  春季OP戦

場所:太田市運動公園野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 上武大学(関甲新1部)

                            計

上武大  1 0 0 0 1 0 1 1 0   4

関学大  0 0 0 1 0 0 0 0 0    1

関学大: 吉田・渡邉・山口 - 堀井

上武大: 長谷川・河野・中川 - 廣戸

<二>森井(上)

<三>佐藤(上)

<本>

<記事>

1回の表、上武大1番川島がいきなりの四球で出塁、続く渡辺のライトへの安打でチャンスを広げ、5番濟藤のライト前へのタイムリーヒットで1点を先取される。

4回の裏、関学大3番猪熊が四球で出塁し、得意の足を使い盗塁を決めチャンスを広げる。1死2塁で4番末永のセンター前へのタイムリーヒットで同点に追いつく。

5回の表、上武大2番渡辺が四球で出塁し、続く3番森井の左中間を破るタイムリーツーベースヒットで1点を追加される。

7回の表、上武大9番佐藤の右中間を破るスリーベースヒットで、無死3塁とチャンスを作り、2番渡辺の犠牲フライで追加点を許すす。

関学は4回以降、上武大投手陣に翻弄され得点できずに終わった。

~コメント~

投手陣、打撃陣共にレベルアップが必要である。

2013年3月25日 (月)

3/16(土)春季OP戦結果 A

H25.3.16  春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs Fedex(社会人チーム)

                           計    

Fedex  0 0 0 0 3 0 0 0 0  5 

関学大   0 0 0 2 0 0 1 0 1  4

関学大: 羽倉・山口・氏田 - 堀井

Fedex: 伊藤・武田・松本 - 木佐木

<二>木佐木(Fe)

<三>田部井(関)

<本>

<記事>

4回の裏、関学2番市村、3番谷口の連続安打や四球でチャンスを広げ、5番末永、6番田部井の連続タイムリーで2点を先取する。

5回の表、関学先発の羽倉はこの回、四死球や送りバントなどで揺さぶられ、3点を許してしまう。

7回の裏、Fedexの守備の乱れから関学8番堀井のライトへのタイムリーヒットで1点を返し同点とする。

9回の表、関学の守備の乱れからFedex3番板橋のセンターへのタイムリーヒットで逆転され、さらにもう1点を許し、2点のリードを追う厳しい展開となってしまう。

9回の裏、関学6番田部井の右中間への3塁打でチャンスを作り、代打田中の遊ゴロの間に田部井が帰還するも反撃はここまでだった。

~コメント~

いつ、どのプレーが大きく響くか分からないのが野球なので、集中力を切らさず、プレーができるようになってもらいたい。

2013年3月17日 (日)

3/13(水)春季OP戦結果 B

H25.3.13  春季OP戦

場所:太田市営野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 獨協大学(首都大学野球連盟2部)

                               計      H    E     

獨協大  1 1 0 1 0 0 0 5 0  8    8     2 

関学大  0 0 0 0 0 2 0 0 0    2   10   0

獨協大: 石本・小谷 - 横田

関学大: 渡邉・瀬川・佐藤・斉藤・山口 - 阿部

<二>大竹(獨)内原(関)小林耕(獨)

<三>

<本>

<記事>

1回の表、獨協大1番小見山のショートへの内野安打で出塁し盗塁等足で絡め早くも1点先制される、その後もスキのない野球で追加点を許す。

6回の裏、関学1番伊藤、3番加藤の連続ヒットでチャンスを作り4番DH内原の痛烈な左中間への二塁打で走者が生還2点を返す。

8回の表、関学投手陣を揺さぶり、要所で確実にヒットを放つ獨協大打撃陣にこの回一挙5点を追加される。

9回の裏、関学6番諏訪、7番船橋の連続ヒットでチャンスを広げるも後が続かず無得点に終わり試合終了。

攻守共に課題が残る試合となった。

今年度入部予定の一年生も次々と試合に出ているので新戦力に期待したい。

3/13(木)春季OP戦結果 A

H25.3.13  春季OP戦

場所:天野貞祐記念球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 獨協大学(首都2部)

                            計    H    E     

関学大  0 0 0 1 2 0 0 0 0  3   6      2

獨協大  1 0 0 0 0 1 2 1 0    5    11     2

関学: 氏田・吉田・佐川・羽倉・坂本 - 宮崎

獨協: 時野谷・戸井永・小黒・斉藤・内藤 - 片野

<二>田部井(関)片野(獨)宮崎(関)

<三>

<本>

<記事>

1回の裏、3番本所が左前打で出塁、三盗などを決るなどスキにない野球で1点を先制される。

4回の表、一死から2番田部井っが二塁打で出塁し3番谷口の一塁ゴロの間に3塁へ進塁、 4番但木の痛烈な左前打により田部井が生還し同点とする。

5回の表、6番宮崎が一死ながらも二塁打で出塁、7番庄司の右前打で宮崎生還、相手のエラーなどで三塁に進塁し8番市村の犠牲フライでこの回2点を奪い逆転に成功する。

7回の裏、3番手佐川はヒットと四球などでこの回逆転されてしまう。

8回の裏、5番手坂本が四球と連打で追加点を許す。

先発氏田は初回に先制を許すも4回三安打1失点という好投を見せた。

また関学打撃陣は6回以降チャンスを作るも後続が断たれ無得点に終わった。

ピンチの場面での失点が多く投手陣には課題の残る試合になったと思う。

3/11(月)春季OP戦結果 A

H25.3.11  春季OP戦

場所:太田市営球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 東京農業大学(首都2部)

                               計    H    E     

関学大  1 1 0 0 3 0 0 2 2  9   5    1    1

東農大  0 0 0 1 0 0 0 0 0    1    14    0   0

関学: 羽倉・若島・山口・吉田 - 宮崎

農大: 上田・滝下・阿部 - 外間

<二>

<三>今泉(東)作田(東)

<本>谷口(関)

<記事>

1回の表、東農大先頭玉城が中前打で出塁し、3番今泉のライトへの特大の三塁打で玉城が生還、先制をされる。

2回の表、6番高橋が右前打で出塁、8番のセカンドゴロの間に二塁へ進塁し9番の痛烈な中前打により追加点を許す。

4回の裏、関学大は1アウトから3番谷口がライトスタンドへ本塁打を放ち点差を1点し4番但木の四球、5番宮崎の中前打により一死1,3塁とするが後続が倒れチャンスを生かしきれなかった。

5回の表、四球、ヒット、エラーにより3点の追加点を許す。

8回の表、先頭打者を三振に打ち取ったものの8番に右前打を許し、1番にも四球を与え2番の作田にセンターの頭を越える三塁打を打たれ一挙2点を奪われる。

後半戦関学大はヒット2本9奪三振と東農大投手陣に完璧に抑え込まれてしまった。

選手個々で課題は見つかったと思うので、しっかりと克服し一人でも多く次の試合につながるよう頑張ってほしい。

kgubbteamのツイート

  • ※最新のツイートを掲載
    ※以前のツイートはtwitterで!