« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月14日 (日)

4/7(日)春季OP戦結果 A

H25.4.7 春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 明星大学(首都大学リーグ2部)

                             計

関学大  0 1 0 0 0 2 0 1 0     4

明星大  0 0 0 0 0 7 0 1 ×   8

関学大: 羽倉・山口・佐川・氏田-宮崎

明星大: 諸星・佐川・中島・ - 谷口・木村

<二>酒巻(明)市村(関)庄司(関)猪熊(関)

<三>

<本>

<記事>

2回表 2回1死から6番宮崎が左前打出塁すると7番猪熊が送り2死2塁。

     続く8番田部井が内野安打で繋ぎ、2死1,3塁とチャンスを広げ9番市村が右前打を放ち1点を先制する。

6回表 この回先頭の6番庄司が中越2塁打を放ち続く6番宮崎が送り1死3塁。

     このチャンスで7番猪熊が右越2塁打を放ち1点、8番田部井が凡打に倒れ2死としたが9番市村が内野安打を放ち1点

     を奪いこの回2点を追加した。

6回裏 ここまで明星打線をシャットアウトしていた関学大先発羽倉であったが、明星大先頭打者9番西森への四球を境に

     突如崩れた。

     救援投手として変わった山口、佐川も相手打線の流れを止める事ができずこの回一挙7点を取られビックイニング

     を作ってしまった。

8回裏 相手の守備の乱れによりノーヒットで1点を返したが反撃はここまでであった。

     投手陣の乱れによりビックイニングを作ってしまったことが悔やまれる。前半戦の調子で試合を進めれば勝つことも

     十分に可能であった。

     リーグ戦まで残りわずかであるが選手個々で課題を修正しチーム全体でレベルアップしていきたい。

4/6(土)春季OP戦結果 A

H25.4.6 春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 足利工業大学(首都大学リーグ1部)

                             計

足工大  0 0 0  0 0 0 0 0   0      0

関学大  2 0 0  0 0 0 0 0   0    2

足工大: 柳澤・安野・吉田-久松

関学大: 吉田・氏田・佐川 - 宮崎

<二>宮崎(関)

<三>

<本>

<記事>

1回裏 先頭打者1番芳賀が凡打に倒れるも2番松永、3番谷口が連続ヒットで出塁し1死1、2塁。絶好のチャンスで回ってきた

     4番但木であったが中飛に倒れ2死。

     続く5番田中が四球を選び2死ながら満塁とし、6番宮崎が右越2塁打を放ち2点を先制する。

2回表 足工大先頭打者5番山本が関学大三塁手庄司のエラーで出塁するも後続が倒れ無得点に終わる。

5回裏 この回先頭の9番市村がショートへの内野安打を放ち出塁、続く1番芳賀が四球を選び1死1,2塁とチャンスを広げたが

     3番谷口、4番但木が凡打に倒れ無得点に終わる。

     関学先発吉田は8回無得点被安打4と安定した投球で先発の役割を果たした。

     リーグ戦に向けてこの状態を維持してほしい。

     また、打撃陣は中軸に当たりがなくなっているのでリーグ戦までに何とか奮闘してほしい。

4/5(金)春季OP戦結果A

H25.4.5 春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 獨協大学(首都2部)

                             計

関学大  0 3 0  0 0 0 0 0    0      3

獨協大  0 0 0  0 0 0 0 0    0    0

関学大: 坂本・羽倉-宮崎

獨協大: 時野谷・戸井永・小川 - 片野・横田

<二>

<三>田部井(関)

<本>

<記事>

2回裏 この回4番但木、5番森田と打ち取られ早くも2アウトとされるが、2アウトから6番宮崎、7番庄司と連打で出塁すると             

     8番田部井の右中間へのタイムリースリーベースヒットで2者生還、相手のエラーも絡み田部井もそのまま生還し、

     3点を先制する。

     その後も、両チームともに得点圏にランナーをおきチャンスを作るも両投手陣が要所を押さえ無得点に終わる。

     数少ないチャンスをものにできたため勝利に結びついたと思うが四球が多く投手陣としては制球に課題が残る

     試合となった。

2013年4月 7日 (日)

3/20(水)春季OP戦結果A

H25.3.20 春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 日本大学工学部(南東北大学野球連盟)

                             計

日大工  0 0 0  0 5 0 0 0   0     5

関学大  0 1 4  0 0 0 0 0   0   5

関学大: 吉田・堀越・氏田・佐川-宮崎

上武大: 三宅 - 見目

<二>但木(関)橋本(日)

<三>

<本>見目

<記事>

1回表 1アウト1,2塁で4番見目に中前打を浴びるもセンター田部井の好返球によりホームを狙った2塁ランナーをタッチアウト。

     その後レフトフライに抑え無失点で切り抜ける。

2回裏 4番但木の2塁打でチャンスを作ると6番宮崎のライト犠牲フライで1点を先制。

3回表 2つの四球と猪熊、中村、谷口の三連打で4点を追加しさらに差を広げる。

5回表 4番見目にライトへの大きな本塁打を浴びると、5番曽我部の左前打7番打越の右前打9番橋本も右中間二塁打など

     この回に一挙5点を奪われ同点とされる。

     関学は4回以降1安打に抑えられ日大も5回以降は2安打と共に後半は投手戦となり5-5の引き分けに終わった。

3/19(火)春季OP戦結果A

H25.3.19 春季OP戦

場所:太田市運動公園野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 上武大学(関甲新1部)

                             計

関学大  0 0 2  2 0 0 1 1   0    6

上武大  1 0 0  3 0 0 1 1   0   6

関学大: 若島・佐藤・新保・佐川-森田

上武大: 和久田・鈴木稜・谷川・中島 - 景山・輔平

<二>鈴木陸(上)

<三>森田(関)

<本>

<記事>

1回裏 先頭根本にセカンドゴロの内野安打を打たれると四球とエラーで1,2塁とされ4番新見にレフト前ヒットを打たれ根元が                                

     生還早くも先制される。

3回表 7番川本がショートへの内野安打で出塁すると8番伊藤が四球9番中村がサードへの内野安打で満塁とし1番猪熊の

     レフトへのタイムリーヒットでランナー2人生還し逆転する。尚も死球などでチャンスを作るが後続が続かずこの回2点

     に終わる。

4回表 この回も連打で2点を追加し上武大との点差を3点とする。

4回裏 この回から関学は佐藤が登板するも連打ら足をからめた攻撃で3点を失い同点とされる。

     投手陣は制球が定まらず要所で抑えられずに失点が多くなってしまった。

     課題多くが残る試合となってしまった。

2013年4月 4日 (木)

3/30(土)春季OP戦結果B

H25.3.30 春季OP戦

場所:芝浦工業大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 芝浦工業大学(東都大学野球連盟1部)

                           計

関学大  0 0 0   0 1 0 1 0  2  7

芝工大  0 0 0 0 0 0 0 1 0  1

関学大: 氏田・新保・須永・渡邉-阿部

芝工大: 江向・吉松・一ノ瀬 - 新谷

<二>

<三>

<本>諏訪(関)

<記事>

5回表 1アウトから5番内原がデットボールで出塁、6番阿部7番諏訪の連打で満塁とすると8番高城のセカンドゴロで相手のセカンドがエラー内原が生還し1点を先制する。

8回裏 この回から関学は須永が登板するも8番の代打松丸に四球を与え9番渡辺が送り1甘利がレフト前ヒットで1,3塁とし2番彦坂のサードゴロの間に松丸が生還、1点返される。

9回表 1アウトから4番山井がセンター前ヒットで出塁すると四球とワイルドピッチでランナー2,3塁し6番阿部7番諏訪の連続タイムリーで2点を追加する。

     投手陣は打たれながらも要所をしめ相手打線を1失点に抑えた。

     関学打撃陣は数少ないチャンスをものにできたと思う。

3/15(土)春季OP戦結果A

H25.3.15 春季OP戦

場所:太田市運動公園野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 八戸大学(北東北1部)

                           計

八戸大  0 2 5   0 0 0 0 0          7

関学大  0 0 0 0 0 0 0 0 X    2

関学大: 坂本・氏田・吉田・-宮崎

作新大: 尾山・白坂・小林・吉田 - 前田・加賀

<二>的場(八)平谷(八)

<三>前田(八)

<本>野村(八)

<記事>

1回裏 関東学園先頭の谷口2番菅野で1死2塁のチャンスを作るが、後が続かずこの回無得点となる。

2回表 7番的場のレフト前ヒットなどで2死1,3塁を作られ9番前田のライト線を抜けるスリーベースヒットで2点を先制される。

3回表 2回を持て同様投手坂本の調子が上がらず、連打を浴び、この回一挙5点を奪われる。

     その後お互いにランナーを出すも、後が続かず、7-0と完封負けを喫した。

     関東学園は安打3本と沈黙、投打ともに課題の残る試合となった。

3/23(土)春季OP戦結果A

H25.3.23 春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 作新大学(関甲新1部)

                           計

関学大  0 0 0 0 2 0 4 0 0    7

作新大  0 2 0 0 0 0 0 0 X    2

関学大: 羽倉・坂本-宮崎

作新大: 斎藤・岩崎・佐々木 - 須藤

<二>谷口(関)

<三>谷口(関)谷口(関)

<本>但木(関)

<記事>

2回裏 5番小林ライト前ヒットや四球、守備の乱れから2点を先制される。

     関東学園は3回4回とランナー出すも、得点に結びつかず、無得点に終わる。

5回表 9番松永のセンター前ヒット、2番市村のライト前ヒットで1死1,2塁のチャンスを作り、3番谷口の右中間を破るスリーベ

     ースヒットで2点を返し、同点とする。

7回表 1死1,2塁で再び3番谷口。センターを軽々と越えるこの日二本目のスリーベースヒットで勝ち越しに成功する。

     続く4番但木はレフトへの特大ツーランホームランを放ち、この回一挙4点を奪取。作新大を突き放した。

6回からリリースした坂本はランナーを出しながらも、要所を抑える投球で4回を無失点で勝ち投手となった。

3/26(火)春季OP戦結果 A

H25.3.26 春季OP戦

場所:関東学園大学野球場

関東学園大学(関甲新2部) vs 大東文化大学(首都大学野球リーグ1部)

                           計

関学大  0 2 0 0 0 2 2 0 1    7

大東大  1 3 3 0 0 0 0 0 X     7

関学大: 吉田・佐川・羽倉-宮崎

大東大: 景山・平松・山本・赤池 - 根岸

<二>船渡川(大)

<三>湯本(大)

<本>

<記事>

1回裏 大東文化先頭の湯本がライト線を抜けるスリーベースヒットで出塁、続く2番吉原の犠牲フライで1点を先制される。

2回表 関東学園4番但木5番田中の連続安打でチャンスを演出、6番宮崎の送りバントで相手の守備の乱れの間に但木が生還し

     同点とする。尚も1死1,3塁のチャンスで8番田部井のショートゴロの間に田中が生還、逆転。

3回裏 大東文化、関東学園の守備の乱れから、7番船渡川のタイムリーツーベースヒットや、犠牲フライなどで3点を追加。再び

     リードを許す。

6回表 関学2番市村のセンター前ヒット、3番谷口の四球でチャンスを作り、4番但木のタイムリーレフト前ヒット5番田中の犠牲フ

     ライでこの回2点を返す。

7回表 9番松永のレフト前ヒット、1番猪熊の四球でチャンスを作り、大東文化の守備の乱れを突き、1点を返す。続く1死満塁

     のチャンスで4番但木のタイムリーレフト前ヒットでこの回2点を返す。

8回表 関学7番庄司に代わり代打の末永が四球で出塁、続く8番田部井が手堅く送りバントでチャンス9番松永がタイムリーライト

     前ヒットで1点を返し同点とするが、反撃もここまでとなり、引き分けのままゲームセットとなった。

1つの守備のミスで大量失点を許してしまい結果勝ちきれないという課題が残る試合だった。

                                                                              星野

kgubbteamのツイート

  • ※最新のツイートを掲載
    ※以前のツイートはtwitterで!