« 1168年前の「犬矢」 ― 磐下 徹講師 | メイン | 国際地学オリンピック ― 瀧上 豊教授 »

2010-07-27

サッカーと地雷 ― 三谷 純子准教授

 夜中のサッカーワールドカップのテレビ観戦で、本学でも寝不足気味の学生が多かった7月が終わろうとしています。

 サッカーをはじめとするスポーツは子どもの権利と深いつながりがあります。楽しみながら体を鍛え、戦略的な思考、チームワーク、自律心、自信、リーダーシップ等を向上させることは、子どもの育つ権利の大切な一部です。貧困や差別などの理由から、麻薬や犯罪組織に関わりがちな、社会の周辺部に追いやられているような子ども達のためにもスポーツは重要な役割を果たし、子どもの守られる権利や参加する権利を促進することができます。

 けれども、世界には思いっきりサッカーをしたくてもできない子どもがたくさんいます。

 毎日家族のために何時間もかかって遠くの川や池や井戸へ水汲みに行かなければならない子。家族を経済的に支えるために働いている子。限られた種類の運動をすることしか許されない社会の女の子。そして、更に、ボールを追いかけるだけで、命を落としたり、体に障害を負う危険に身をさらす子もいます。地雷のせいです。

 20年以上の内戦が続いていたスリランカ東北部の小学校を、写真撮影の仕事で訪問した時のことです。村から逃げてきた国内避難民のタミル人の子ども達が通う学校でした。休み時間になると、校舎の裏の小さな空き地に子ども達が飛び出していき、サッカーが始まります。狭すぎて試合はできませんが、ドリブルの技を得意そうに披露してくれます。でも、その小さな校庭は、鉄条網で囲われ、鉄条網のすぐ外の藪には赤いマークがついた立て札があちこちに何本も建てられています。立て札の下には地雷が埋まっているのです。

 アフガニスタンでは、村のモスクで始められた臨時の学校の取材の際、ボールやゴールネット、チームごとの色違いのベストが詰まったユニセフの「サッカーの箱」と鉛筆やノート、定規などが入った「学校の箱」を持って行きました。途中、作業中の地雷除去班を見たので、心配になって、先生に聞いてみると、「畑や藪の中にまだまだ地雷はあるが場所が分からない。」ということでした。ソビエト軍や、タリバンや、複数の軍閥が入れ替わり立ち替わり占拠した地域では、どこに地雷を埋めたか知っている人は誰もいません。私たちも、村人が使っている道を外れないように注意して歩きました。

 地雷で命を落としたり、手足を失う犠牲者の7割から8割は、軍人ではなく、民間人です。多くの子どもたちも含まれます。子どもは珍しいものを見るとつい触ってしまいがちですが、地雷の中には、小さい蝶のような形をしているものもあるのです。

 地雷の被害にあって生き残った子どもは成長に合わせて義足を調節しなければなりません。けれども、貧しい家庭には、治療費や通院のための交通費、子どもの世話のために失う収入等の経済的負担が重くのしかかります。カンボジアで会った10歳くらいの男の子は、義足もなく、空き缶を工夫して膝にはめて移動し、皮膚が擦れて血が滲んでいました。「学校には行けない。」と言っていました。あの子は、もう大人になっているはずです。

 地雷は安価に製造できます。けれども、その撤去のための設備や訓練には多額のお金と時間が必要です。時には命も奪われます。クロアチアのUNHCRの現地スタッフは、ある日突然、夫を亡くしました。その頃、クロアチアは旧ユーゴスラビアから既に独立し、ボスニアから難民は押し寄せてきていましたが、とりあえず、クロアチアにいるクロアチア人は、ほぼ安全でした。けれども地雷は地面の中で生き続け、除去にあたった夫は事故に巻き込まれたのです。彼女は、ぶるぶる震えながら、「私がランチをしている間に、夫は死んでしまったの。」と何度も繰り返していました。

 無差別に人を殺傷する地雷問題に対し、まず民間の非営利組織(NGO)が声を上げ、各国政府や国連も賛同し、1999年に、通称オタワ条約と呼ばれる対人地雷の使用、貯蔵、生産及び移譲の禁止並びに廃棄に関する条約が発効しました。日本も批准しています。この10年間で締約国は156になりました。残念ながら、未締約国には主要な軍事大国が含まれています。まだ製造を続けている国々もあります。それでも、少なくとも輸出禁止の処置を始めた国々もあり、また、地雷の除去のために、NGOや国連、各国の支援機関等による国際的な協力も進んでいます。日本の機械メーカーや日本政府も、地雷除去には積極的な貢献をしてきました。

 そうした世界各地での多くの人々の努力にもかかわらず、今日も世界のどこかで、誰かが地雷を埋め、誰かが地雷のせいで涙を流しています。そして、そんな国々の子ども達の多くも、本学の学生の皆さんと同じように、サッカーが大好きなのです。