« 強制わいせつ罪に「性的意図」不要 最高裁 47年ぶり判例変更 ― 上林 邦充 教授 | メイン | 株価の動きを理屈で説明できる・・・といいですね ― 林 仁史 教授 »

2018-01-24

太陽光発電と電柱 ― 石坂 昌弘 教授

 最近、至る所で太陽光発電施設を見かけるようになりました。屋根の上にソーラーパネルを乗せた住宅や平地に設置された大規模な太陽光発電施設も見慣れた風景になってきました。どうして急速に普及してきたのでしょうか。それは、施設を設置することにメリットがあるからです。
 太陽光発電については、当初、国は住宅用太陽光発電システムの導入について補助金を支給(平成26年度廃止)するとともに、住宅用(小規模)は余剰電力を、事業用(大規模)は全量を、予め決定した価格(固定価格)で、それも投資に十分見合う価格で10年又は20年という長期間にわたって買い取るという制度を導入したことが大きな要因です。何故、国はこうした制度を導入したのでしょうか。それは我が国のエネルギー政策と密接にかかわっています。日本のエネルギー源の主なものは、火力発電(石炭・石油・LNG)、原子力発電、水力発電です。中でも火力発電が圧倒的に多いのですが、火力発電の大きな欠点は膨大な二酸化炭素(CO2)を排出するため環境への負荷が大きく、世界的な課題となっている地球温暖化の大きな原因とも言われ、その削減が急務となっているのです。

 では、二酸化炭素を排出することのない原子力発電はというと、ご承知の通り、東日本大震災に伴う原発事故によりその危険性が広く認識されるようになり、現在日本のほとんどの原子力発電所は休止しているなど、脱原子力が世界的な潮流です。「環境」や「安全性」というキーワードからみると、そういったリスクの少ない水力発電や自然エネルギー(再生可能エネルギー)は資源の少ない日本にとってより有用ということもあり、近年太陽光発電に代表される自然エネルギーが一躍注目を浴びることになりました。自然エネルギーには、太陽光発電のほか、風力発電、地熱発電、バイオマス発電など様々な種類があります。中でも、太陽光発電はこれらの中では、施設の寿命が長く故障が少ないことや先述した国の制度もあり急速に普及してきたという訳です。自然エネルギーは資源の枯渇の心配がないなどメリットが大きいのですが、安定した電力を得られないなどのデメリットもあります。

 さて、太陽光発電は、太陽の光さえあれば世界中いつでもどこでも発電可能です。ではどこでも発電量が同じかというとそうではありません。緯度の関係もありますが、日照時間の多い場所は発電量が多く、少ない場所は発電量が少なくなります。狭い日本ですが場所によって日照時間は随分違います。総務省統計局の「統計でみる都道府県の姿2015」によると、2013年度の47都道府県庁所在地の年間日照時間は、1位山梨県2462時間、2位宮崎県2411時間、3位高知県2373時間・・・45位北海道1648時間、46位青森県1516時間、47位秋田県1469時間となっています。1位山梨県と47位秋田県の差は何と993時間、秋田県は山梨県の59.7%に過ぎません。その一方、都道府県によって設置費用の差がそれほどあるとは思えません。また、固定価格は全国一律であることから、日照時間が多い場所が断然有利ということになります。

 ここで群馬県を調べてみると、何と2366時間4位です。関東地方は比較的日照時間が多いのですが、中でも群馬県は抜きんでています。月別にみると、夏場(6月から9月)に全国平均を若干下回るものの、冬場(11月から3月)は圧倒的に多いのです。県境の山岳地帯と冬型の気圧配置(西高東低)が群馬県の平野部に晴天をもたらしているからです。
 「空っ風」というとネガティブなイメージがありますが、「太陽光発電」という視点に立つと群馬県は優等生だと言えます。

 ところで、電気の最大の欠点はというと、大容量の電気を溜めることができないことと言われています。つまり今使っている電気は今発電しているものです。火力発電所などから個人住宅などへ電気を運んでいるのは電線です。従って電線が不可欠ということになります。
 山々を越えていく巨大な鉄塔や道路上の電柱に電線を這わせて送電しているので、日本全国電柱(電線)だらけなのです。皆さんはこれをどう思いますか。ヨーロッパの街並みをテレビなどで見るとありませんよね。とてもすっきりとしています。
 何故なのか、それは地中に這わしているからです。道路上の電柱(電線)は、無電柱化(電線地中化)と較べて安上がりですが、景観を損ねたり、交通の邪魔になるなどデメリットも多いのです。

 海外から沢山の選手団や観光客が来るであろう「2020東京オリンピック・パラリンピック」を念頭に東京都は電線地中化を加速しようとしています。蓄電技術が進歩し、家庭で発電、蓄電し必要な時に使えるようになれば、電気を自給することができるようになります。そうすれば、電柱(電線)が不要になり、すっきりとした空間が実現すると思います。
 無電柱化(電線地中化)も蓄電技術も一朝一夕にはできません。時間をかけて一歩一歩進めざるを得ません。日本国内の電柱の数は約3300万本だそうです。近い将来、電柱の撤去が一大産業として脚光を浴びる時代がやってくるかもしれませんね。

以上